ブラジルにおける

コロナウィルスの状況と

    政府の対応に関して

          【ブラジルにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起】


>> リオデジャネイロの現状 <<
11/25日夕方現在、リオデジャネイロ州の累計感染者数は343.995人 / 死者数  22.256人 
ブラジル全体:感染者数 6.166.106人 / 死者数 170.769人

1日(24時間)の新規感染者数 47,898人。死者数 654人。(ブラジル保健局参照)
死亡率は低いものの、気の緩みからか?感染者拡大傾向。ただし、政府は特に対策などなし。

【リオ州及びリオ市による社会的隔離措置の更新】
◎11月5日付リオ州官報特別版において、同州による社会的隔離措置の緩和が発表されました。変更点は以下3(1)及び(8)です。

【リオ州による社会的隔離措置】(※印の項目が変更されています)
1 以下の活動を11月20日まで禁止する。
(1)密が生じるイベントの開催
(2)ビーチ、湖、川、公共プールでの長時間の滞在

2 以下の活動は許可される。
(1)サイクリング、ウォーキング、登山等屋外のアクティビティ(国立、州立、市立公園含む)
(2)十分な感染症対策を実施することを条件とした文化活動(ドライブインシアター)
(3)通常の3分の2の入場率を保つことを条件とした観光スポットの営業
(4)屋外での単独のスポーツ(自宅付近が望ましい)
(5)十分な感染症対策の実施と事前予約制を条件とした交通局(DETRAN)の開庁
(6)通常の3分の2の入店率を保つことを条件としたバー、レストラン(音楽ライブを含む)の営業
(7)十分な感染症対策の実施を条件とした青空市場の開催
(8)十分な感染症対策の実施及び入店率を3分の2に保つことを条件とした10時から22時までのショッピングセンターの営業
(9)十分な感染症対策の実施を条件とした宗教施設の開放

3 リオデジャネイロ市を含む一部都市(ニテロイ市、ブジオス市等)に限り、以下の活動を許可する。
(1)十分な感染症対策の実施を条件とした屋内外での文化活動※
(2)屋外での集団でのスポーツ(自宅付近が望ましい)
(3)一般商店(入店率3分の2、9時から19時まで)の営業
(4)事前予約制および50%の入店率を保つことを条件とした美容院の営業
(5)十分な感染症対策の実施を条件としたホテルの営業
(6)50%の入場率及び2メートルの間隔を空けることを条件とした映画館の再開
(7)3分の1に入場率を保つことを条件とした劇場、コンサート会場、博物館、文化センターの再開
(8)事前予約制でのジムの営業。サウナ、プール(水泳の授業を除く)の利用は禁止。※
(9)収容率の50%を超えない及び十分な感染症対策の実施を条件とした社会的イベントの開催。

【リオデジャネイロ市内私立病院受け入れ状況】(10月28日現在)

  • 各病院の受け入れ状況は日々刻々変化しており、病床数や検査キットの数は限られているため、病院にかかる直前に必ず当該病院に直接問い合わせるようにして下さい。
     

Zona Sul

Casa de Saúde São José (Rua Macedo Sobrinho, 21, Humaitá)
TEL:2538-7600
→病床占有率は8割近い状態

Copa Star (Rua Figueiredo de Magalhães,875, Copacabana)
TEL:3445-2800
→詳細不明

Pró-Cardíaco (Rua Gen.Polidoro, 192, Botafogo)
TEL:2131-1400
→現在満床
 

Glória D’or (R. Santo Amaro, 80 - Glória, Rio de Janeiro - RJ, 22211-230)
TEL:3262-2000

→詳細不明

Hospital Samaritano(Rua Bambina, Botafogo)
TEL:3444-1000
→病床数に余裕あり

Clínica São Vicente (Rua João Borges, 204, Gávea)
TEL:2529-4422
→外来は受け付けているが、コロナ陽性の場合は別病院へ搬送される

Hospital Copa D’Or (Rua Figueiredo de Magalhães, 875, Copacabana)
TEL:2545-3600
→詳細不明

São Lucas Copacabana (Tv. Frederico Pamplona, 32 - Copacabana, Rio de Janeiro - RJ, 22061-080)
TEL:2545-4000
→病床数に余裕あり

Quali Ipanema (Rua Barão da Torre, 145, Ipanema) TEL:3257-1350
→コロナ患者の受入れを終了。現在、コロナ以外の患者数が増加し、病床はほぼ満床。

Barra da Tijuca

Barra D’Or (Av. Ayrton Senna, 3079, Barra da Tijuca)
TEL: 2430-3600
→詳細不明。


​情報元:リオデジャネイロ日本商工会議所

>> ブラジル政府よりの注意喚起 <<
<本文>
外国人に対する入国制限措置の延長(一部緩和)】ブラジルにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起

◎11月12日、ブラジル政府は、ブラジルへの外国人の入国を国籍に関わらず制限する措置を、30日間延長する旨発表しました(同日付で施行)。なお、本件政令においては、前回の政令との変更点はございません。

◎日本国政府はブラジルの感染症危険レベルについてレベル3「渡航は止めてください(渡航中止勧告)」を発出しています。
ブラジルを出国する航空便は減便・休便が進んでいます。現在ブラジルに一時的に滞在されている方や、日本に早期帰国の必要がある方等は、早期の出国をご検討ください。

●11月12日、ブラジル政府は、ブラジルへの外国人の入国を国籍にかかわらず制限する措置を、30日間延長する旨の政令第518号を公布し、同日付で施行されました。なお、本件政令においては、前回の政令(10月14日付政令第478号)との変更点はございません。
(政令第478号:https://pesquisa.in.gov.br/imprensa/jsp/visualiza/index.jsp?jornal=600&pagina=1&data=14/10/2020

以下、政令第478号の要旨です。
※なお、本記事においてはできる限り正確な情報を記載するよう努めておりますが、ご自身に関係する、ブラジル政府の措置・規制については、ブラジル政府当局(在東京ブラジル総領事館等)が提供する情報に依拠するようにしてください。
在東京ブラジル総領事館HP:
http://cgtoquio.itamaraty.gov.br/ja/Main.xml

1  この政令は、国家衛生監督庁(ANVISA)の勧告に基づき、国籍に関わらず、外国人の入国を例外的かつ一時的に制限する措置について定める。

2  この政令は、2020年2月6日付法律第13.979号第3条第6号の規定により、国籍に関わらず、外国人の入国を例外的かつ一時的に制限する措置について定める。(第1条)

3  この政令の公布日より30日間、国籍にかかわらず、陸路又は他の陸上交通機関及び水運による、外国人の入国を制限する。(第2条)

4  この政令で定める制限は、以下の者に対しては適用されない。(第3条)
(1)生来のブラジル人及び帰化したブラジル人
(2)ブラジル領土内に一定期間または無期限の在留資格を有する移民
(3)国際機関のミッションによる外国人専門家で、身分証明可能な者
(4)ブラジル政府に接受された外国政府職員
(5)以下の外国人
  ア ブラジル人の配偶者、事実婚者、子供、親または後見人
  イ 公益または人道上の観点から、ブラジル政府によって特別に入国が認められた者
  ウ 国家移住登録証を保有する外国人(当館注:国家移住登録証(CRNM: Carteira de Registro Nacional Migratorio) 、又は有効な外国人登録証(CIE :Cedula de Identidade de Estrangeiro、通称「RNE(CIE記載の外国人登録番号)」)
(6)貨物輸送
  *1 この政令で定める制限は、ブラジルの法律が求める場合には、入国ビザの携帯を含め、各自の事情に即した入国要件に従うことを条件として、管轄水域で操業する船舶又はプラットフォームで特定の作業を行うための乗組員について、その空路又は水運による入国を妨げるものではない。
  *2 この政令で定める制限は、連邦警察による許可を受けた場合、医療支援を受けるため、又は、運航上の問題や雇用契約の終了を理由とした出身国への帰国のためのフライトに搭乗するための、乗組員の下船を妨げるものではない。
  *3 上記*2の許可は、現地の衛生当局による事前の承諾を得て、対応する航空券を提示した上で、海事代理店が署名した乗り換えに伴う費用の責任証明書を提示することを条件とする。
  *4 陸路又は他の陸上交通機関及び水運による入国の場合、ベネズエラから入国する外国人については、上記(2)及び(5)ア、ウで規定された例外は適用されない。

5  この政令で定める制限は、以下を妨げるものではない。(第4条)
(1)現地衛生当局により事前に承認された、国境を越える人道的行動の実施
(2)市街地に国境線を有する都市間の住民(国境地域に住む証明書、あるいはその他の証拠文書を示すことが必要)の交通。但し、当該隣接国がブラジル人に対して相互主義に基づく対応を保障する場合に限る。
(3)運転手が上記4(第3条)の対象に該当しない場合も含めた、法の定める陸上貨物輸送機関の自由な通行。
 なお、上記(2)の規定については、ベネズエラとの国境には適用されない。

6  例外的に、陸の国境で接する国に滞在している外国人が、居住国に戻るフライトに搭乗するために国境を越える必要がある場合には、以下の要件を満たすとき、連邦警察の許可を得てブラジルに入国することができる。(第5条)
(1)当該外国人は、空港に直接向かわなければならない。
(2)居住国の大使館又は領事館の公式の要請が必要である。
(3)当該航空券を提示しなければならない。

7  この政令で定める制限は、ブラジルの法律が求める場合には、入国ビザの携帯を含め、各自の事情に即した入国要件に従うことを条件として、ブラジルとパラグアイの間において、陸路による外国人の入国を妨げるものではない。(第6条)

8  この政令で定める制限は、ブラジルの法律が求める場合には、入国ビザの携帯を含め、各自の事情に即した入国要件に従うことを条件として、外国人が、空路で入国することを妨げるものではない。(第7条)

9 この政令で定める措置に従わない違反者への対応は、以下のとおり。(第8条)
(1) 民事、行政及び刑事上の責任を問われる。
(2) 即時の送還又は国外追放される。
(3) 難民申請資格を喪失する。

10  規制当局は、手続、搭乗(乗船)及び業務についての衛生規則を含む、この政令に関する補完規則を制定することができる(第9条)

11  この政令に明示されない点は法務・治安省が決定する。(第10条)

12  上記3(第2条)に定めた期限は、国家衛生監督庁(ANVISA)による技術的かつ合理的な勧告に基づいて延長することができる。(第11条)

13 2020年10月2日付政令第470号(陸路及び水運による入国制限措置の30日間の延長について規定)は廃止される。(第12条)

14  この政令は、公布日より施行する。(第13条)


●万が一、医療機関等に隔離され、援護が必要な場合は下記公館までご連絡ください。
・在ブラジル大使館(https://www.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )
(連邦区、ゴイアス州、トカンチンス州)
・在サンパウロ総領事館(https://www.sp.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )
(サンパウロ州、マト・グロッソ州、マト・グロッソ・ド・スール州、三角ミナス地域)
・在クリチバ総領事館(https://www.curitiba.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )
(パラナ州、サンタ・カタリーナ州)
・在ベレン領事事務所(https://www.belem.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )
(パラ州、マラニョン州、アマパ州、ピアウイ州)
・在リオデジャネイロ総領事館(https://www.rio.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )
(リオデジャネイロ州、エスピリト・サント州、ミナス・ジェライス州)
・在ポルトアレグレ領事事務所(https://www.curitiba.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000040.html )
(リオ・グランデ・ド・スール州)
・在マナウス総領事館(https://www.manaus.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )
(アマゾナス州、ロンドニア州、ロライマ州、アクレ州)
・在レシフェ総領事館(https://www.recife.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html )
(セアラー州、リオ・グランデ・ド・ノルテ州、セルジッペ州、ペルナンブコ州、アラゴアス州、バイア州、パライバ州)

【参考】
●新型コロナウイルス関連情報
当館ウェブサイトに「新型コロナウイルス関連情報」のページを作成し、これまでに発出した新型コロナウイルス関連の領事メールなどを掲載しておりますので、情報収集にご利用ください。
https://www.rio.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00011.html

●現在、各航空会社は、ブラジル出発便や日本への帰国便も含め、減便及び運休等の措置をとっています。在留邦人の皆様に向けた参考情報として、ブラジル出発便等に関する情報を以下のリンクのとおり大使館サイトに掲載しておりますので、ご参照ください。
https://www.br.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00081.html

●また、運航している便についても、経由地において乗客に対する措置等が課されている場合がありますので、その関連情報については下記サイトをご参照ください。
新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)【外務省】
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

●なお、日本到着時には必ず検疫が実施されますので、検疫等の措置については、以下の厚生労働省のホームページをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

●ブラジル保健省新型コロナウイルス感染症関連情報
http://plataforma.saude.gov.br/novocoronavirus/#COVID-19-brazil


●さらに昨今の新型コロナウイルスの拡大を受け、各国は出入国管理や検疫を厳格化しているとされ、渡航先における情報を迅速に入手するためには、「たびレジ」が大変便利です。第三国へ渡航の際は、下記のリンクから訪問先の「たびレジ」登録をよろしくお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html


 

RIO KANKO TURISMO LTDA.
Rua Senador Dantas, 117 – 14º andar – Sala 1436 – Centro
CEP : 20031-911

Rio de Janeiro – RJ – Brasil
Tel +55 21 2240 5939
E-mail : rio@riokanko.com 

ABAV 883 CADASTUR : 29.505.385/0001-20   

RIO KANKO TURISMO LTDA.

Rua Senador Dantas, 117 – 21º andar – Sala 2129 – Centro
CEP : 20031-911

Rio de Janeiro – RJ – Brasil
Tel +55 21 3923 5499
E-mail : rio@riokanko.com 

ABAV 883 CADASTUR : 29.505.385/0001-20 
 

© 2016 Copyright Rio Kanko

ご質問・ご相談など、

お気軽にお問い合わせください!

【来社について】
2020年1月6日より営業体制変更に伴い、ご来社は事前予約制とすることといたしましたので、ご案内申し上げます。
来社ご希望の方は事前にメールまたは電話にて希望日時をお知らせください。
※現在はリオ市よりの通達を受け、接客業務を一時中止しています。
メール、電話でのお問い合わせは通常通り受け付けております。